CLEANING TIPS

Home > プロ直伝のお掃除術 > 壁&フローリング

汚れでくすんで見える?そんな時は重曹水が活躍!

家の顔である壁&フローリングのほこりや汚れをスッキリとる方法をプロに聞いてみました。

高橋ゆき さん

監修

高橋ゆき さん

家事代行の株式会社ベアーズ専務取締役。家事研究家。日本の暮らし方研究家。簡単に楽しくできるお掃除術を提案し、セミナー、講演、新聞、雑誌、テレビなどで幅広く活躍中。近著『可愛くなる家事』(サンマーク出版)

家電まわりや照明器具、ソファーなどの家具の下はホコリがたまりやすく、フローリングや壁の汚れの原因になるので、こまめにチェック。

壁の汚れは主にホコリ、手あか、煙草のヤニ。時間がたつほど落ちにくくなるので気になったらお掃除を!

掃除機と拭き掃除でいつもきれいに。掃除機はフローリングの溝に沿ってかけると溝の汚れも吸い取ってくれます。

あると便利なお掃除道具

重曹水

重曹はエコで環境にやさしく人体に影響を及ぼさないので、小さなお子さまがいるご家庭や、ペットを室内で飼われているご家庭にも安心です。

〈重曹水の作り方〉

1 空のスプレーボトルを用意します。
2 ボトルに市販の重曹と水を1対9の割合で入れます

3 よく振って混ぜれば完成です。作り置きせず、お掃除ごとに新しいものを作るようにしましょう。

STEP 1STEP1

白っぽい壁は重曹水で
やさしく拭き掃除

白っぽい壁がところどころ汚れでくすんで見える時は、壁を重曹水でやさしく拭いてみましょう。重曹には漂白効果もあり、研磨剤も含まれているのでピカピカになります。
固く絞った雑巾に重曹水をスプレーして、壁を上から下に一定方向に拭きます。重曹は乾くと白浮きしてきますので、重曹水で拭き終わった箇所は、必ず違う雑巾で水拭きをしましょう。ただし、壁の素材によって破れや色落ちなどの可能性もありますので、まずは目立たない隅っこで試してから行ってください。

STEP 2STEP2

フローリングのベタベタも
重曹水と水拭きでスッキリ

人間の足裏の皮脂や汗がフローリングにつき、そこに埃などが吸着するとベタベタしてきます。これを落とすのにも、重曹水が効果を発揮します。重曹は油汚れに強いので、人間の皮脂にも効果的。壁同様、重曹水で拭いた後は必ず水拭きで二度拭きすることを忘れないでください。そうすることで次の汚れがつきにくくなります。また、フローリングをお掃除するのにフローリングワイパーを使っている方が多いと思いますが、その場合でも素手や素足の感触でベタベタ感がないか確認し、気になる箇所は器具を使わず、重曹水で拭き、その後水拭き乾拭きしてみてください。

STEP 3STEP3

フローリングのワックスは
プロに任せればラクチン

フローリングのワックスがけは年に1、2度が理想。でも、家具を全て移動させたり乾くまでに数時間かかったりしますので、なかなか大変な仕事です。そこで、フローリングが褪せてきたなと思ったら、迷わずプロの力を借りましょう。お出かけしている間に家具移動、お掃除(古いワックスはがしも含む)、ワックスがけ、乾燥、現状復帰のすべてが終了。むらなくキレイに仕上がり、しかも長持ちします。カーペットでも、もちろん大丈夫。目立つしみや汚れを専用の薬剤で前処理してから全体を専用機材でクリーニングして業務用扇風機で乾燥させます。

[キレイのヒント]みんな結構使ってる!「お掃除のプロ」に頼んでみよう

野村不動産パートナーズのハウスクリーニング 詳細はこちら