ゴルフコミュニケーション フェアウェイ LIFE with ゴルフダイジェスト

”100歳まで現役”を
実現しましょう

Home > コラム > フェアウェイ LIFE > スライスが一瞬で直る右を向いたままの素振り

golf_mov_title_bg Driver Lesson - 鳥井雄一郎のドライバー講座 -

4大メジャーのひとつである全米プロ選手権など、米ツアー11勝のジェイソン・デイ。
世界ランク1位の実績を持つデイと同時期にオーストラリアのゴルフ学校に在籍し、コリン・スワットンコーチについて世界基準のスイング理論を学んだ鳥井雄一郎プロ。
その鳥井プロが教えてくれるのは、飛んで曲がらないドライバーショットの極意。
第5回は、スライスを一瞬で直すレッスンです。

DRIVER LESSON - 5

スライスが一瞬で直る右を向いたままの素振り

今回は、スライスの悩みを解決するレッスンです。

スライスの原因の多くは、カット軌道です。アウトサイドからインサイドへクラブを振ることで、ボールにスライス回転をかけてしまっているのです。
そこで今回は、カット軌道をオンプレーン(正しいスウィング軌道)に直し、ボールをつかまえられるようになる、そんな素振りのドリルをご紹介しましょう。

クラブを持ってアドレスしたら、バックスウィングすると同時に右を向いてください。右を向いたままインパクト、そしてフォローまでクラブを振り抜く。たったこれだけで、インサイドからクラブが下りてきやすくなります。

ポイントは、右を向いた視界の右からクラブが下りてくるようにすることです。視界の左からクラブが下りてくるのは、カット軌道になっている証拠です。

photo バックスウィングして右を向いたら、視界の右からクラブを振り下ろし、右を向いたまま振り抜きます。この素振りには、スウィング軌道が改善されるだけでなく、頭が残りクラブヘッドが先行して、ボールがつかまるようになるという効果もあります。

photoスウィングの軌道が良くなってスライスが直るだけでなく、ヘッドアップも防げるドリルです。みなさま、是非試してみてください。

鳥井雄一郎

鳥井雄一郎

鳥井雄一郎…1983年8月29日生・北海道出身。高校卒業後単身オーストラリアへゴルフ留学。豪州ではジェイソン・デイと共にコリン・スワットン氏にゴルフを学ぶ。8年の年月を経て帰国しゴルフコーチへ。自由が丘『G-HEART』でヘッドコーチを務める。

消費税率変更に伴うお知らせ