ゴルフコミュニケーション フェアウェイ LIFE with ゴルフダイジェスト

”100歳まで現役”を
実現しましょう

Home > コラム > フェアウェイ LIFE > 鳥井雄一郎のGolf Method(ゴルフメソッド)ドライバーをまっすぐ飛ばす秘訣!

golf_mov_title_bg

4大メジャーのひとつである全米プロ選手権など、米ツアー11勝のジェイソン・デイ。
世界ランク1位の実績を持つデイと同時期にオーストラリアのゴルフ学校に在籍し、
コリン・スワットンコーチについて世界基準のスイング理論を学んだ鳥井雄一郎プロ。
今回は鳥井流ゴルフメソッドをみなさまにお教えいたします。

第1回はドライバーをまっすぐ飛ばす方法です。

Golf Method - 1

ドライバーを
まっすぐ飛ばす秘訣!

みなさんこんにちは、プロゴルファーの鳥井雄一郎です。まず初回のレッスンは、ドライバーをまっすぐ飛ばすコツをお教えしていきたいと思います。今回はアベレージゴルファー代表として水谷花那子さん(アベレージスコア104)を生徒役にお迎えしてお送りいたします。

鳥井流のドライバーをまっすぐ飛ばすための秘訣は大きく分けて3つの要素があります。まず、1点目。
これは、すべてのクラブにおいてまっすぐ飛ばすための一番大切なポイントとなりますので、みなさんしっかりと覚えておいてください。
それは、テークバック時の左手甲の向きです。テークバックからトップのポジションへと上がった際に、左手の甲と左腕がまっすぐになるよう心がけてください。

photo 手の甲がトップの位置で外側に折れてしまっていると、フェースが開いてしまい、ボールが右へ飛んだり、スライスの原因となります。

photo 逆に、内側に折れてしまっていると、フェースが閉じた状態で降りてくるので、ボールが左へ行ったり、チーピンの原因となってしまいます。

photo ボールをまっすぐ飛ばすためには、トップのポジションへと上がった際に、左手の甲と左腕がまっすぐになるよう心がけてください。

二つ目のポイントはダウンスイング時の上半身の位置です。
特にスライスのお悩みの方に気をつけていただきたいのが、ボールを打ちにいく意識が強く、左肩が早く回ってしまい、結果として上半身が開いた状態でインパクトを迎えてしまうことです。カット打ちになってしまい、ボールが右に飛んだり、スライスになってしまいます。
まっすぐ飛ばすためには、インパクトまでは上半身を残したまま、クラブを振り下ろすよう意識して下さい。わかりやすいイメージで言うと、アドレス時と同じポジション(姿勢)でインパクトを迎えるようなスイングを心がけてください。

photo そうすることによって、フェースも開かずまっすぐ下りてくるのでボールも曲がりにくくなります。

最後はフォローです。余りフォローを意識されない方も多いかと思いますが、フォローのクラブの位置によってボールの方向が決まってきますので、ここも意識するようにしてください。多いのはフォロー位置が低い方。左の方向へクラブが寝てしまうことで、ヘッドの軌道が安定せず、スライスやチーピンの原因となってしまいます。
まずは、クラブが立った状態でフィニッシュをとるよう心がけてください。

photo これは割と簡単にできるかと思います。そして是非やっていただきたいのが、右手の甲が自分の方を向くフィニッシュを心がけることです。フィニッシュで右手のひら側が自分の方を向いているのは、インパクトでフェースが開いて当たっている証拠です。

photo 右手の甲が自分の方を向くフィニッシュが取れているということは、フェースが開かずにインパクトを迎えていることを意味します。みなさま、この3つを心がけてスイングしていただけるとボールはかなり曲がらなくなりますよ!ぜひ、お試しください。

(鳥井雄一郎)

鳥井雄一郎

鳥井雄一郎

鳥井雄一郎…1983年8月29日生・北海道出身。高校卒業後単身オーストラリアへゴルフ留学。豪州ではジェイソン・デイと共にコリン・スワットン氏にゴルフを学ぶ。8年の年月を経て帰国しゴルフコーチへ。自由が丘『G-HEART』でヘッドコーチを務める。