ゴルフコミュニケーション ゴルフのある暮らし with ゴルフダイジェスト
Home > コラム > ゴルフのある暮らし > 鳥井雄一郎のGolf Method(ゴルフメソッド)フェアウェイウッドとユーティリティを安定して打つ方法!

golf_mov_title_bg

4大メジャーのひとつである全米プロ選手権など、米ツアー11勝のジェイソン・デイ。
世界ランク1位の実績を持つデイと同時期にオーストラリアのゴルフ学校に在籍し、
コリン・スワットンコーチについて世界基準のスイング理論を学んだ鳥井雄一郎プロ。
今回は鳥井流ゴルフメソッドをみなさまにお教えいたします。

第2回は「フェアウェイウッドとユーティリティを安定して打つ方法!」です。

Golf Method - 2

フェアウェイウッドとユーティリティを安定して打つ方法!

みなさんこんにちは、プロゴルファーの鳥井雄一郎です。今回のレッスンは、フェアウェイウッド(以下FW)とユーティリティ(以下UT)を安定して打つ方法をお教えしていきたいと思います。

アイアンは得意なのだけど、FWやUTは苦手というアマチュアゴルファーの方は多くいらっしゃるかと思います。その原因はクラブの長さにあります。
3Wは地面からボールを打つクラブの中で、最も長いクラブになります。
3Wや5Wはドライバーのような打ち方、UTはアイアンと同じような打ち方とスイングを使い分けている方もいらっしゃるかと思いますが、地面からボールを打つ際は基本全て同じスイングと考えて下さい。

photo ではクラブが長くなるとなぜミスをしやすくなってしまうのか?
その一番の原因はスイングの際に体重が「右」に残ってしまうからなのです。
その結果、クラブが手前に落ちてダフッたり、すくい打ちになりトップしたりしてしまいます。

photo ではどうすれば良いかと言いますと、体重が「左」にのってからスイングすることを意識してください。

photo 練習法で言えば、足踏みをしながらスイングすることを連続で繰り返すと「体重がのってから振る」タイミングのようなものがつかめるのでお薦めです。

次にミスの原因になっているのが、クラブが長いためスイングが「横振り」になってしまうからなのです。ドライバーはティアップして打てるので横ぶりでも問題ないですが、地面にあるボールを打つ際、横振りが強いとクラブが浮いてしまい、ミート率が下がってしまいます。

photo ではクラブを縦に振るにはどのようにすれば良いかと言うと、トップの位置から右足の前にクラブを落とすことを何度か繰り返してください。これだけで自然と体がクラブを縦に振るイメージを覚えてくれます。
フィニッシュも同様に縦に振り上げる意識でスイングしてください。それだけで、左のヒジが詰まらなくなるのでフォローの抜けの良いスイングとなります。

この3点を意識してスイングしていただくと、FWでもUTでも格段にミート率が上がりますよ。ぜひ、お試しください。

(鳥井雄一郎)

鳥井雄一郎

鳥井雄一郎

鳥井雄一郎…1983年8月29日生・北海道出身。高校卒業後単身オーストラリアへゴルフ留学。豪州ではジェイソン・デイと共にコリン・スワットン氏にゴルフを学ぶ。8年の年月を経て帰国しゴルフコーチへ。自由が丘『G-HEART』でヘッドコーチを務める。