ゴルフコミュニケーション フェアウェイ LIFE with ゴルフダイジェスト

”100歳まで現役”を
実現しましょう

Home > コラム > フェアウェイ LIFE > 鳥井雄一郎のGolf Method(ゴルフメソッド)鳥井流・バンカーショットの打ち方!

golf_mov_title_bg

4大メジャーのひとつである全米プロ選手権など、米ツアー11勝のジェイソン・デイ。
世界ランク1位の実績を持つデイと同時期にオーストラリアのゴルフ学校に在籍し、
コリン・スワットンコーチについて世界基準のスイング理論を学んだ鳥井雄一郎プロ。
今回は鳥井流ゴルフメソッドをみなさまにお教えいたします。

第3回は「鳥井流・バンカーショット!」です。

Golf Method - 3

鳥井流・バンカーショットの打ち方!

みなさんこんにちは、プロゴルファーの鳥井雄一郎です。今回のレッスンは、バンカーショットを打つ方法をお教えしていきたいと思います。

バンカーが好きなアマチュアゴルファーはほぼ居ないと思います。嫌いな方がほとんどでしょう。バンカーが「好き」とまではいかなくも、入っても気にならないくらいにはなっていただけるようにレッスンしていきたいと思います。

まずは足をしっかりと砂に足を埋めて下さい。しっかりとと言っても目的はダフりやすくするためなので、感覚的にボールの下に砂を入れたい分だけ埋めると良いでしょう。

photo つづいてはフェースです。通常のショットよりもフェースを開いてからグリップしてください。大切なのは必ず開いてから握ることです。アドレスしてから開くと、インパクトの際にフェースがニュートラルに戻ってしまうので注意しましょう。フェースを開いて打つとバンスが長く使えることによって、クラブが砂に潜りにくくなり、ボールに力が伝わりやすくなります。

photo 次は、グリップ位置です。アドレスの際、通常のアイアンショットのようにハンドファーストで構えるのではなくハンドレートで構えて下さい。ハンドファーストで構えると砂を打ち込み過ぎてしまい、ハンドレートに構えることで、ヘッドが砂から抜けやすくなります。

photo 続いては重心位置、つまりはアドレス時の体重配分です。基本形は左右の足5:5の体重配分が良いと思いますが、バンカーでダフり安く、砂を多く取ってしまう傾向のある方は左足体重で。逆にトップやボールを直接たたいてしまいがちな方は右足体重で構えるとよいでしょう。

photo 最後は「コック」です。通常のスイングよりも大きくしっかりとコックを入れて打ってください。打った後もしっかりと振り抜くイメージでスイングしてください。パワーのない女性の方などは体のターンを入れて振り抜くと良いでしょう。

この5つのポイントをしっかりと覚えてマスターしていただくと、もうバンカーなんて恐くなくなりますよ!ぜひ、お試しください。

(鳥井雄一郎)

鳥井雄一郎

鳥井雄一郎

鳥井雄一郎…1983年8月29日生・北海道出身。高校卒業後単身オーストラリアへゴルフ留学。豪州ではジェイソン・デイと共にコリン・スワットン氏にゴルフを学ぶ。8年の年月を経て帰国しゴルフコーチへ。自由が丘『G-HEART』でヘッドコーチを務める。

消費税率変更に伴うお知らせ