ゴルフコミュニケーション フェアウェイ LIFE with ゴルフダイジェスト

”100歳まで現役”を
実現しましょう

Home > コラム > フェアウェイ LIFE > 鳥井雄一郎のGolf Method(ゴルフメソッド)鳥井流・バンカーショットの打ち方!

golf_mov_title_bg

4大メジャーのひとつである全米プロ選手権など、米ツアー11勝のジェイソン・デイ。
世界ランク1位の実績を持つデイと同時期にオーストラリアのゴルフ学校に在籍し、
コリン・スワットンコーチについて世界基準のスイング理論を学んだ鳥井雄一郎プロ。
今回は鳥井流ゴルフメソッドをみなさまにお教えいたします。

第4回は「ドライバーの精度を落とさずに飛距離UP!」です。

Golf Method - 4

ドライバー・精度を落とさずに飛距離UP!

みなさんこんにちは、プロゴルファーの鳥井雄一郎です。今回のレッスンは、ドライバーの精度を落とさずに飛距離をUPさせる方法をお教えいたします。

ゴルファーなら誰しもドライバーは遠くへ飛ばしたいものです。ですが、飛距離と引き換えに左右の曲がりが大きくなってしまっては何の意味もありません。
そこで今回は、曲がることなく飛距離を伸ばす打ち方をお伝えいたします。

photo まず、ドライバーの基本的なスイング動作のひとつに、右足から左足への体重移動、つまりはしっかりと右足へと体重をのせていく必要があります。そうすることで、より強くボールに力が伝わるからです。そこでまず大切なのは、体重を移動させるという感覚ではなく、左のヒザを伸ばし、地面を強く蹴るという動作です。ダウンスイングに入ったときに左のヒザを伸ばすようにすることで、ゴルフのスイングで重要な左の壁が自然とできてくるのです。左の壁ができると、当然体のブレも少なくなるので、ミスショットの確率も減ります。さらに、左側に軸ができているため、腰も回りやすくなるので、ヘッドスピードもUPいたします!

photo もうひとつは、腕をやわらかく振るということです。
僕のスイングの基本はクラブは縦に(上下に)振るという大前提があります。
縦に振る際の注意点はひとつだけ、頭を上下させないということです。これだけ守っていただき、クラブをやわらかく、しなやかに振ることを意識してください。
クラブを縦に振っているので、フェース面は開いたり閉じたりしないので、方向性も安定いたします。腕をやわからかく使っているので、自然とヘッドスピードも上がります。

この2つのポイントを意識してドライバーの練習していただけると、曲がることなく、飛距離も確実にアップいたしますよ。ぜひ、お試しください。

(鳥井雄一郎)

鳥井雄一郎

鳥井雄一郎

鳥井雄一郎…1983年8月29日生・北海道出身。高校卒業後単身オーストラリアへゴルフ留学。豪州ではジェイソン・デイと共にコリン・スワットン氏にゴルフを学ぶ。8年の年月を経て帰国しゴルフコーチへ。自由が丘『G-HEART』でヘッドコーチを務める。

夏季休業のお知らせ