GALLERY

Home > プラウドギャラリー > プラウド船橋

プライベートガーデン

外部から“閉じた”中庭は、住民の方々がプライベートな時間を安心して愉しんでいただける場所。
「水と生活を共にした人々の暮らし」をテーマとした凪いだ水面のような水盤や、四季折々の樹木を愉しみながら、暮らす喜びを深めていただければ、と思っています。

エントランスラウンジ

おだやかで上品な時間が流れるラウンジ。
親しい友人との語らいのひとときを落ち着いた表情で包みこみます。

緑がつながるグリーンベルト

四季を彩る花の咲く木や紅葉する樹木が歩道に沿って連なり、街の中を緑でつないでいます。
どの街路を歩いているときにも樹木が愉しめ、木立の間を散策する心地よさを感じることができます。
街路と建物の間に緑地を配置することで、落ち着いた住環境を守る役割も果たしています。

デザイナーインタビュー

SMART&GROWINGをコンセプトとした「未来のふるさと」

住宅事業本部 住宅建築一部 山﨑 康弘

既成市街地に生まれた広大な土地。
ここに周辺地域とも融合し共存しながら、住民が将来にわたり愛着と誇りを持ち住み続けられるまちをつくりたいという思いから「プラウド船橋」は創られました。

そのために、地域文化・風土を大切にしながら、グリーンベルトやオープンスペースの創出、コミュニティ支援導入等を実施し、快適な暮らしが持続可能な新たなまちを目指しました。

また、SMART & GROWINGをコンセプトとし創られた「プラウド船橋」は、先進的環境技術や情報通信技術による最先端のエネルギー制御システムをもつスマートグリッドと、地域環境が持つポテンシャルを積極的に活用しながら緑や風や太陽と共生するパッシブデザインの双方を住戸・共用空間・街の各レベルに導入しました。

住民が街へのアイデンティティを持ち、共有する事で自らの街を創ってゆく仕組みを整備する事で、進化・成長する永く生き続けられる街を目指しました。