GALLERY

Home > プラウドギャラリー > プラウドシティ仙川

グランドラウンジ

最大天井高を約4.5m確保し、勾配を持たせる事で立体的な表情を描くグランドラウンジとなりました。
ピアノとソファセットを配した音楽ホールをイメージさせ、憩いの時を演出します。
開放的で落ち着いた空間に身を委ねながら、まるで音楽会のはじまりを待つような居心地でゆったりと寛げる空間となっています。

ライブラリー

知的好奇心を探究する自分磨きのためのひととき…。
多種多様な蔵書を取り揃えた落ち着いた趣のライブラリーをご用意しました。
読書はもちろん、ビジネスの情報収集や趣味の時間に浸るための場所としても活躍します。

2つの庭

桜が咲き誇る春の庭。カエデやモミジが鮮やかに色づく秋の庭。
敷地内には2つの季節をテーマにしたプライベートガーデンをご用意しました。
小さなベンチを配した春の庭ではお花見を。秋の庭ではピクニック気分でお弁当を広げたり、読書にふけるなど武蔵野の美しい季節を堪能していただけます。

デザイナーインタビュー

住宅事業本部 住宅建築二部 松田 幸恵

軽やかなリズムを描く、ピアノの鍵盤をモチーフとしたスリットラインを壁面に配するなど、文化・芸術と日常とが美しく響きあう仙川にふさわしいデザインをファサードにも取り入れました。
また大きな面を構成するタイルは柔らかな印象のベージュを採用。仙川の明るく洗練された風景に溶け込むようなデザインを施しています。

また、ちょっとした会話が楽しめるようにベンチを配置した広場や地域の方々も利用できる提供公園など、集いの場もご用意しました。
並木道は多くの方々が行き交うようにゆったりとした幅の歩道を確保。
ここに住まう方と地域の方々が出会い自然にコミュニティが生まれるようなデザインを施しています。