GROUP SERVICES

リフォーム

野村不動産リフォーム

快適さを追求したプランをご提供いたします。

工事費の目安とポイント

※リフォーム工事前には、必ず現地調査をして設備機器の機能・施工方法などをご相談した上でお見積もりをご提出させていただきます。

水まわり設備


最新のコンロはお手入れも楽々!地震対策などの安全性はもちろん、水無し両面焼きグリル、オートグリルなどでお料理の手間を省いて、よりおいしく仕上げてくれます。


火を使わないので不完全燃焼や吹きこぼれによる立ち消えの心配がありません。高齢者の方のお住まいや、小さなお子様がいるご家庭におすすめです。


マンションの給湯器の多くはベランダの壁や廊下のパイプスペース内に設置されていて、 設置できる給湯器のサイズや形状が限られます。また、マンションによって号数に上限が 決められている場合がありますので、事前に管理組合に確認しておきましょう。


水まわり設備の移動には躯体のコンクリートと床の間に十分な空間が必要です。また、キッチンを選ぶ際は実際にショールームで確認されることをおすすめします。 キッチンの高さが数センチ違うだけで使いやすさに大きく差が出てきます。


浴室は家の中で一番温度差を感じる場所で、ヒートショックによる心筋梗塞や脳梗塞が多発している場所でも あります。浴室換気乾燥暖房機の設置や、素足に冷たさを感じさせない素材の床などでの対策おすすめします。


洗面化粧台は「歯磨き」「洗顔」「髪の手入れ」「ヒゲ剃り」など、家族が最も使用する頻度が高い場所です。使いやすい配置や豊富な収納などをポイントに選ぶことで使いやすさが格段にアップします。


最新のトイレは自動洗浄・超節水・汚れが付きにくいなどの新機能に加えて、すみずみまで楽に掃除ができるように改良されています。

内装リフォーム


小さいサンプルでちょうどよい色合いに見える壁紙も、大きな面積になると明るく、色が鮮やかに見えるなど面積により見え方に違いが生じます。大きいサンプルで色合いを確認しましましょう。


マンションの構造により、間取りの変更などが自由に出来ない場合があります。一般的に「ラーメン構造(柱と梁で建物を支える構造)」は間取りの変更が比較的自由にできて、「壁式構造(床・壁・天井の6つの面で建物を支える構造)」は間取り変更が困難だと言われています。

  • 工事費の目安とポイント
  • その他 施工事例はこちら

お問い合わせ・お見積もりはこちら

野村不動産のリフォームサービスはこちら