GROUP SERVICES

リフォーム

野村不動産リフォーム

快適さを追求したプランをご提供いたします。

野村不動産の施工事例

光あふれるリビングと、季節を感じる小上がりの和室

Y邸

  • 眺望の良さを生かして、風や光を感じる広々リビング

    Before

  • 小上がり和室は、想像以上に便利なスペース

    Before

  • 来客時も大活躍の小上がり和室

    Before

  • 猫用扉設置で、猫も自由に出入りできます

    Before

モダンな印象の和室。畳下は全て収納!

「茶室のような、特別感のある空間にしたかった」という和室は、縁側をイメージして畳のない板の間の部分を設けています。Y邸を訪れるお客さまは例外なく、まずここに腰かけてくつろがれるそう。床面から38センチの高さは腰かけるのにちょうどよく、車いすを使用する場合でも、車いすの座面高さが40~45センチですので、移乗しやすく、身体の負担を軽減してくれます。

冬はこたつを置いて、夏は座卓に。
Y邸のようにお子様がいるご家庭では畳の柔らかな上でお昼寝をさせたり、畳下の引き出しにおもちゃを収納することもでき、遊ぶスペースとしても最適です。また、お客様が宿泊される際は、障子を閉めてお客様のためのプライベートな空間としても使えます。

畳下はすべて収納スペース。長物も収納できる大容量の6尺タイプ(収納容量450L)と3尺タイプ(収納容量225L)の2タイプが選べるハッチボックス。スプリングの働きで開閉も楽々です。

まだ新しい設備は活かして、表面にシートを貼ってイメージチェンジ

築9年のY邸の設備は、どれもまだ新しくそのまま使えるものばかりでしたが、ダークな色合いがY様ご希望のインテリアに合いませんでした。そこで、ご提案したのが、既存設備に好みのテイストのシート(※ダイノックシート)を貼る方法。そうすることで、ガラッとイメージを変えることができ、見た目も新品のようにすることができます。費用の面でも、設備交換に比べて大幅にコストを抑えることもできる、おすすめのリフォームです。

(※)ダイノックシートは、最新の技術を用いて木や石などを印刷でリアルに表現した、硬質塩化ビニール素材・粘着剤付化粧フィルムです。粘着性・耐久性に優れていますので、簡単に剥がれてしまう心配もありません。

概要

before

after

所在地 東京都
築年数 9年
リフォーム費用 430万円

こだわり条件

■リビングスペースを拡げ、窓を広く明るくしたい
■内装デザインを一新したい
■和室の空間が楽しめる我が家にしたい
■使い勝手のよい収納を増やしたい
■ペットが暮らしやすい部屋にしたい(ペットに配慮した床材やドアの採用)

【間取り変更】LDKの動線を見直して、
明るいキッチン&収納量アップ

K邸

  • 明るく開放的なキッチンからはLDKが見渡せる

    Before

  • LDKのミニ書斎は家族みんなのスペース

  • ライティングでモダンになった玄関

    Before

LDKはウォークスルー収納で、家族全員に優しい動線

明るいキッチンにするだけであれば、既存のキッチンの位置を変えずに壁と押入をなくして対面式にするプランも考えられましたが、K様から「収納も増やしたい」というご希望もあわせていただいていた為、大容量の収納スペースを確保しながらも家族の動線を邪魔することのないウォークスルーのプランをご提案。

収納の片側は、来客用の布団などの大きい物が収納できる奥行のある棚を設置。普段使わないものを収納するためホコリの侵入も防いでくれるロールスクリーンで、中が見えない工夫が施してあります。もう片側は、掃除用具など使用頻度の高いものを収納するスペースとして、棚の奥行を浅くし、ひと目でどこに何があるのかが分かり、取り出しやすいように配慮しました。

LDKの収納を通り抜けられるようにしたことで、風通しが良く明るい空間になり、買い物帰りの重い荷物も最短距離で楽にキッチンまで運ぶ事ができるようになりました。

間取り変更しても残した和室はお母様のため

ご家族が大変仲が良いK邸には、ご主人のお母様がよく泊まりにいらっしゃるそう。そのため、和室は必須でした。普段は広いLDKとして利用できるよう、和室の囲い扉はフルオープンタイプの引き戸を採用。引き戸は、モダンなインテリアにもなじみの良いデザインにして空間の統一を図りました。

概要

before

after

所在地 神奈川県
築年数 23年
リフォーム費用 1,480万円

こだわり条件

■暗い個室のキッチンを明るくしたい。
■物が多いので、収納を増やしたい。
■和室を残したい

キッチン横のストックルームで、
収納しやすく、家事効率もアップ

O邸

  • キッチンの位置を大きく動かして、明るく開放的なキッチンに

    Before

  • 使い勝手がよい収納配置

    Before

収納部分も大きく見直しました

昼間でも電気が必要なほど暗かった個室タイプのキッチンを対面キッチンに変更し、明るくオープンな空間に生まれ変わったのに加え、収納部分も大きく見直しました。

キッチン横にストックルームを設けて、キッチン用品、缶詰などの保存食品、大型の鍋はもちろん、ワインセラーや洗濯機も置ける十分なスペースを確保しました。生活に必要なものはすべてがここに収まるので、リビング・ダイニング、そしてキッチンをいつもすっきり保つことができます。
リビング・ダイニング側のキッチン側面にも浅型の収納を設け、音楽鑑賞が趣味であるご夫婦のCDが収納できるようになっています。キッチンの面材と同じ扉を使用しているので、洗練されたインテリアに仕上がります。

クラシックな印象のモザイクタイルで個性をプラス

収納棚の壁面には、窓からの光を受けて洗練された輝きを放つモザイクタイル。
独特の深みを持つ豊かな色彩がキッチンをより美しく演出しています。

モザイクタイルの材質は吸水性のないガラスですので、水洗いのみのお手入れで美しさを保つことができます。
モザイクタイルは色合いも大きさも豊富で、飴細工のようなかわいらしいデザインや、O邸のようなクラシックなデザインのものまで様々な種類をショールームで実際に確認することができます。シンプルなキッチンパネルに飽きてしまわれた方におススメのアイテムのひとつです。

概要

before

after

所在地 東京都
築年数 14年
リフォーム前の悩み 昼間でも電気が必要な暗いキッチン
  • リフォーム HOW TO
  • その他 施工事例はこちら

お問い合わせ・お見積もりはこちら

野村不動産のリフォームサービスはこちら