LIFE HINT

Home> 住まいのお悩み相談所 > 11月「都市部の災害の備え」

都市部の災害に必要な備え、そして心構えは?

今回のお悩み

?都市在住の場合、特に地震災害にはどんな備えや心構えが必要でしょうか。普段使いができてデザイン性のある防災用品や、昨今の優れた備蓄食材も気になっています。

専門家のお答え

専門家 谷村一美さん

!常備しておきたいのは、飲料水、帽子、簡易トイレです。一次避難の際は現金、権利書、携帯電話とソーラー充電器を持って。また、家のそばで寝泊まりすることになったら、車よりも簡易テントがおすすめ。

日本橋三越本店 本館7階 はじまりのカフェ
半田久さん(右)
高橋直史さん(左)

出先では、近代的な高層ビルや百貨店の中が安心

出先では、近代的な高層ビルや百貨店の中が安心

イメージ

災害が起きた場合、外出中か、家にいるかで取るべき行動が異なります。まず、出先で地震が起きたら、特に商業地ではガラス張りのビルからは離れて。割れて破片が飛んでくる可能性があり、危険です。

また、4~5階建てのビルの中には、耐震構造になっていないものも多いため、倒壊に注意。何より外にいて怖いのは、パニック状態になった人が押し寄せてくることです。一方、新しめの高層ビルや、三越や伊勢丹のような大規模百貨店の中であれば、外にいるよりずっと安心。グラッときた時に、近くにこうした建物があったら、入ってしまいましょう。

備えあれば憂いなし!簡易トイレの有効性

備えあれば憂いなし!簡易トイレの有効性

そして、出先で「備えあれば憂いなし」のアイテムとして、特に女性の方におすすめしたいのが簡易トイレです。これは、エレベーターの中などに閉じ込められた場合に非常に役に立ちます。

なぜなら、地震が来ると、周辺にある全てのエレベーターも停止するため、いつ救助が来るか予測がつきません。そのため、かなり精神的に追い込まれてしまうんですね。しかし、たったひとつの簡易トイレがあるだけで、その不安はかなり軽減されます。

また、登山をする方は経験があるかと思いますが、東北地方の山や屋久島などのトイレは、ブースに区切られているだけで、実際は簡易トイレで用を済ませるところが多いです。こうしたことをアウトドアで一度経験していると、抵抗が少なくなるでしょう。

簡易トイレ

O.D.トイレキット(1セット239円(税別))

付属の吸水ポリマーで尿や便を約1分で凝固。ダブルチャックの防臭袋で確実に臭いを閉じます。3個入りも販売中。

在宅の場合、出口の確保が最優先

在宅の場合、出口の確保が最優先

一方、家にいる場合は、窓を開けて外への出口を確保することが最優先。ドアや窓が開かなくなってしまった場合、ハンマー等でたたき壊さないといけませんが、叩き壊すのに必要なツールがすぐに出せるとは限らないからです。

そして、火災などですぐ家を飛び出さなければならなくなったら、持っていると不安が解消されるものを持って出てください。具体的には、現金、保険等の権利書、携帯電話です。その際、頭を守る帽子と、しっかり歩ける運動靴は必須。夜間の場合は懐中電灯やヘッドライトも必要です。

さらにあると安心なのが携帯電話充電用のソーラーバッテリー。種類はいろいろありますが、災害時に本当に必要なのは携帯電話の充電器のみでしょう。

ソーラーバッテリー(モバイルパワーパック)

モバイルパワーパック(2,800円(税別))

本体のフックをバックパックなどに引っ掛け、行動時に常に太陽の光を当てることができます。コネクターとUSBコネクター付属。防滴仕様。

エマージェンシーセット

エマージェンシーイニシャルセット(25,800円(税別))

災害時1日目の行動を想定して作られた2.1kgのバックパックセット。簡易トイレ、軍手、ラジオ、救急セット等が収納され、一時的な緊急避難時や帰宅困難時に特に役立ちます。寝袋や食器等がセットになった「エマージェンシーセット パーソナルユニット」(39,048円(税別))もおすすめ。

ガスは屋内用か屋外用か、使い方をしっかり守って

ガスは屋内用か屋外用か、使い方をしっかり守って

また、状況が悪化し、ライフラインが途絶えてしまった時のために、飲料水はしっかり確保を。お湯を沸かしたり、調理ができるガス器具が1つあると重宝します。

その際に注意したいのは、ガス器具には、屋内用のカセットコンロと、アウトドア用のガスバーナーがあること。屋内用のカセットコンロはブタンガスを使用しており、10度以下の屋外では燃焼効率が悪くなるのが特徴。屋外でカセットコンロが燃えないからといって、囲いをすると爆発の原因にもなりうるので、絶対にやめてください。

一方、屋外用はODガスで、屋内で使うには火力が強すぎるため、生ガスが室内に流れてしまう危険性があります。屋内・屋外の使用規定は必ず守ってくださいね。

アウトドアバーナー

キャンプストーブ ウィズ フレックスライト(17,000円(税別))

たき火で発生した熱を電気に変換できるキャンピングストーブ。小枝などを燃やして電気に変換、充電された電気でファンを稼働させ、燃焼効率を上げるスグレモノ。余剰電力はUSBポートを通じて外部機器の充電に利用できます。

寝るときは必ず水平を保って!

寝るときは必ず水平を保って!

さらに家を離れて避難することになってしまったら、睡眠のとり方には気を付けてください。車でシートに腰掛けたまま寝泊りするという方を見受けますが、これは1泊くらいに止めてほしいもの。
人の部位は頭が一番重たいので、上げたままでは疲れが取れないのです。
人は水平に寝ないと血液がきちんと循環しなくなります。それが続くと、エコノミークラス症候群と同様の状況が起こります。それほど水平に寝ることは大切なんです。

車で座ったまま寝泊まりするくらいなら、簡易テントを使いましょう。多少の寝心地の悪さは段ボールや布団などでいくらでも工夫できます。

簡易テント

U.L.ドームシェルター 1型(36,000円(税別))

世界最高レベルの軽量コンパクト性を誇る自立式ドーム型ツェルト。本体用とポール用のスタッフバッグ付属。

いつ来るかわからない災害ですが、備えと心構えがあれば恐れなくても大丈夫。また、アウトドアでサバイバルする際のヒントは、災害現場でも有用ですので、日ごろから自然に親しんでおくことも役立つはずです。

日本橋三越本店 キッチン雑貨担当者おすすめの備蓄食品

昨今の備蓄食品は、普段のおやつや食事にしても違和感ないクオリティ。昔に比べると料理のバリエーションが広がり、消費期限が5~6年というものが増えています。

ボローニャのパン
ボローニャのパン
(400円(税別))

人気ブランド「ボローニャ」のチョコレートデニッシュ。消費期限は3年間。缶から出してすぐ食べられます。

だしがゆ
だしがゆ(420円(税別))

(写真左)人気ブランド「ボローニャ」のチョコレートデニッシュ。消費期限は3年間。缶から出してすぐ食べられます。(写真右)「にんべん」のレトルトパウチ「だしがゆ」シリーズ。6年間保存できて安心。

「にんべん」のレトルトパウチ「だしがゆ」シリーズ。6年間保存できて安心。