お気に入りのくらしUPDATE

お気に入りのくらしUPDATE

リビングを家族の共有空間として最大限に活用する、リビング充実志向はまさに現代のトレンド。
リビングは団らんの場から、仕事、勉強、趣味など、家族が同じ空間で思い思いの時間を過ごす多機能な空間へ変わってきています。毎日の暮らしをもっと愉しむ、自分らしいリビングライフを考えてみませんか?

リビングを趣味の空間に
カスタマイズ。

カウンターテーブルをリビングの延長として活用。

夫婦のコミュニケーションをとる場所として、意外に人気が高いのがキッチンのカウンターテーブル。料理を作る奥様を眺めながら、おつまみを作る旦那様を眺めながらグラスを傾けるのもオツなものです。カウンター上部にお気に入りの照明を取り付ければバーカウンターのような雰囲気に。

料理をしながら会話もでき、後片付けも楽なカウンター。高めのスツールを合わせてカフェ気分に。

ドロップのようなかわいい照明。夜はバーカウンター風に。

趣味のコレクションギャラリーをカスタムメイド。

白で統一された収納棚は圧迫感もなく、地震などでも飛び出さない強度と工夫も施されています。

お気に入りの模型やフィギュアを飾ったり、陶芸やプリザーブドフラワーなどの作品を並べたり、CDやLPレコードをお披露目するコーナーを作ったり。「見せる収納」をジャストサイズで造作する。整然と並んだコレクションはお部屋のインテリアとしても個性を演出します。埃が入らないようガラス扉をつけたり、取り出しやすい工夫もプラス。美しく収納しながらコレクションを楽しめるのもカスタムオーダーならではの魅力です。

ホームシアターで映画やスポーツ観戦を愉しむ。

音楽の趣味を楽しめるアンプや、ワインセラーも格納した壁面収納。扉をつけて生活感を出さずにホテルライクで優雅な空間を実現。

映画や音楽ライブ、スポーツ観戦など、大きなスクリーンで迫力ある音や映像を愉しむために、天井や家具にスクリーンを埋め込んだり、アンプや大音量のスピーカーを設置することで本格的な臨場感や高揚感が味わえます。
サラウンドスピーカーなど大音量への配慮としては、天井や壁、床に遮音材や吸音材を入れたり、防音ドアなどで対応することもできます。

親子のワーキングスペースを作る!

多目的に使える大テーブルやカウンターデスクを設置。

広くて明るいリビングの一角に、大テーブルやカウンターデスクを設置して子どもの勉強を見たり、パソコンで調べものをしたり、趣味の作業スペースにも活躍します。空間を利用して収納棚を設けると、勉強机にも、家族共用のライブラリーとしても利用できます。

コーナーを利用したカウンターデスク。家族みんなが好きな時に好きな場所で、のびのびと過ごせます。

書斎コーナーにPCを設置すれば、インターネットですぐに検索もできるので便利。

プライベート空間にもなる間仕切り仕様のスタディルーム。

お互いの気配を感じながらプライベート空間も作れる、間仕切り仕様のスタディルームも人気です。
扉の色を白にしたり、素材選びで圧迫感もなく明るい空間に。
日々の健康づくりに欠かせない運動器具やヨガグッズなどの置き場にも最適。使いたい時にすぐに取り出せ、来客時も気にならずフレキシブルに使えます。

光を通すスクリーンウォール。インテリア性も高く、空間に合わせてサイズも選べ、明るさも確保できます。

コミュニケーションにも使える黒板壁(ボード)を設置。

子どもが自由に落書きができる黒板ボード。親子で旅の想い出を描いたり、お料理レシピのメモやイベントの予定などにも大活躍。お好きなサイズで設置できます。

壁一面を使った黒板はインテリア性もあり、お洒落なアクセントにも。子どもが自由にお絵かきしたり、忘れもの防止にも活躍します。家族の伝言板にも使えるコミュニケーションボードは、自由に消せるので便利です。黒板に描いた絵や文字を写真に残して想い出を綴るのも素敵です。

壁面収納で、くつろぎ空間を広くすっきり、美しく。

壁面収納で見た目も美しく、TVやPCもスッキリ配置。

部屋の広さがあっても、家具で狭くなってしまったり、物が散らかっていたら、寛げるリビングにはなりません。家族が集まるリビングを、より広く見せるコツは、淡いカラーで統一したり、家具や収納面の凹凸を無くすと整然とした印象を与えてくれます。天井まで届く壁面収納でも天井や壁、床の色と合わせると圧迫感もありません。子どもの遊び道具も扉で目隠しできるので整理整頓できていつでも美しい空間に。

大切なお皿やグラスなどを見せる収納でお洒落に演出。白で統一されたインテリアがリビングをより広く明るく見せてくれます。

梁のスペースを活かした壁面収納にカウンターデスクも設置。来客時には引き戸で仕切って使えます。

注目の新商品

デスクがベッドに早変わり。

反転することで、デスクからベッド、ベッドからデスクへと入れ替わる新商品。リビングで普段はデスクとして使用しながらも、急な来客のときなどにはベッドとして使うこともできます。いまリビングはどんどん多機能になってきています。

注目の新商品

格納ベッド id-special「XU MODEL」

格納ベッド id-special「XU MODEL」
デスク部分が水平のまま下に下がり上部よりベッドが登場。

デスク部分が水平のまま下に下がり上部よりベッドが登場。

Presented by CUUMA

Presented by CUUMA

本コンテンツやリフォームに関するお問い合わせはこちら

野村不動産リフォームについてはこちら