親+家 LIFE

Home > 親+家 LIFE > vol.2

フォトコンテスト

募集テーマ:親世代、3 世代、4 世代など家族と家や暮らしにまつわること

このたびは「親、家、LIFE」 フォトコンテストに、たくさんのご応募をいただきありがとうございました。
どの作品からもご家族への温かなまなざしが感じられたことが印象的でした。厳正なる審査の結果、5 点の受賞作品を発表します。またノミネート作品の一部も合わせてご紹介します。

肺がんを克服しようと闘っている父と寄り添う母を連れて、夏の日に父が好きな赤城山の覚満渕を散策した時のものです。二人の後ろ姿がとても素敵でした。

じいじのベッドで寝る前に本を読んでもらうのが大好きな息子。
夏休み、たくさんじいじに遊んでもらってとても嬉しそうでした。

「あんたは別嬪(べっぴん) さんになるで」 シャボン玉で遊びながら母は娘(孫) にそう伝えた。
娘は、そんな母さんにそっくりなんだけど。思わず笑ってしまいました。

甥の初めての散髪、はさみを怖がることなく母親の手を吸っていました。親子孫三代の夏の思い出です。この写真と共に「孫の髪を切るまで元気でいられてよかったね。これからもお元気で!」とメッセージを伝えます。

結婚後、墓参りで妻の親戚一同と会った際の一枚。 人見知りする姪っ子を初めて抱っこ。 伯父と伯母に見守られながらも、姪っ子は微妙な表情… これからも新しい家族としてよろしくね!

  • 「お義父さんと姪」
    HARU

  • 「曽祖父の自宅での小さな花火大会」
    Taka

  • 「4世代の実家でのBBQ( バーベキュー) 」
    あみ

  • 「ボクは、アイドル」
    ゴールドフィンガー

  • 「毎年お盆は、今は無き義父が大好きだったハイビスカスとお話」
    雀の行水

  • 「初花火」
    まゆ0908

  • 「思い出の家で家族と」
    nagano

審査員感想

皆様の想いがたくさん詰まった、お写真をお送りいただき、改めて家族や家の今後について考えるきっかけとなりました。たくさんのご応募、誠にありがとうございました!
野村不動産グループカスタマークラブ事務局

ご家族とのとっておきの時間の1コマをお寄せいただきましてありがとうございました。それぞれのお写真へ込められた想いやご家族のストーリーが伝わってきます。
株式会社オヤノコトネット

○フォトコンテスト運営事務局:野村不動産グループカスタマークラブ事務局

離れていても 親のカラダの変化を観察しましょう。

親の暮らし ―――コラム1

親の困った・不便をチェック!

夏休みに久しぶりに実家に帰ったら、思いのほか親が齢をとっていたことに気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
動作がゆっくりになったり、何かするのがおっくうになったり…。
実家の様子や親の行動から、身体の変化や健康状態を観察してみましょう。

img
1. 塩分計を使って料理は薄味に 1. 塩分計を使って料理は薄味に

味の濃さが気にならず、知らず知らずの間に塩分摂取が過剰に。
塩分の取りすぎは高血圧の原因にも。帰省した時に一緒に塩分計などを使ってチェックしてみては。

2. 腹八分目の食事で適切なカロリー摂取を 2. 腹八分目の食事で適切なカロリー摂取を

時間やお金に余裕のある親世代。高級食材やスイーツをついつい食べ過ぎてしまうことも。
カロリーや糖分をチェックできるアプリを紹介するのも手です。

3. テレビよりおもしろいことを勧める 3. テレビよりおもしろいことを勧める

長時間リビングでテレビを見ている親には、実家に帰った時に一緒に買い物や散歩に行ったり、趣味につながるプレゼントを贈るのもおすすめです。

4. つまづきや転倒を防ぐ 4. つまづきや転倒を防ぐ

床に置かれた物やカーペットのめくれなどは転倒の原因に。
また段差のある玄関、滑りやすい浴室などには、手すりをつけることを検討してみては。

5. SNS やテレビ電話で顔を見ながら話す 5. SNS やテレビ電話で顔を見ながら話す

遠く離れていても、SNSやインターネット通信を使った無料テレビ電話などを利用して、月に1度は連絡をとりましょう!

親世代は、健康への意識が高く、運動や食事など日ごろから気を付けていて、健康にも自信があります。一方で、厚生労働省によると、生活習慣病のひとつ、糖尿病が疑われる人の割合は60代男性で19.5%、70代男性では24.4%。男性は糖尿病、高血圧、女性はコレステロールや肥満といった悩みを抱えています。腰痛や目の疲れ、視力低下などの不安も。定年退職などでライフスタイルが大きく変わる時期はうつ病のリスクも高まります。
実家に帰省した時に生活習慣や行動をよく見て、困ったことや不便がないか、また、いつまでも健康でいられるように離れていてもできることを考えましょう。

子世代は親にいつまでも元気でいて欲しいと思っていますが、それは親がいつまでも、いままでと同じ生活を続けるということではありません。将来に備えて、実家のリフォームや近居について考えておくことも大切です。

オヤノコトネット

「オヤノコト.net」とは?
そろそろ親のこと、家族想いのライフスタイルを提案する、親孝行情報提供サイトです。
「オヤノコト」は、株式会社オヤノコトネットの登録商標です。

リフォーム リノベーションマンション