MENU

親+家 LIFE

Home > 親+家 LIFE > vol.3

「近居のススメ」

親との同居ではなく、近居という選択をする人たちが増えています。適度な距離感を保ち、それぞれの暮らしを尊重しながら、お互いを近くに感じ、コミュニケーションを密にしてより仲良くなれる…。
そんな近居は親世代にとっても子世代にとっても理想の暮らし方かもしれません。さらに将来、親の生活にサポートが必要になった時にも移動の負担が軽減できます。

まだまだ現役の親世代。仕事や趣味など悠々自適の生活をされていると思います。 でも、親たちもいつまでも若くはありません。そろそろ将来に備えた住まい選びを考えることも必要です。最近は、親世代と子世代が近くに暮らす「近居」が注目されています。近居の正式な定義はありませんが、目安としては車や電車で1 時間以内、一般的には30 分以内と言われています。中には同じマンション内に住む人たちも。

内閣府の理想の家族の住まい方についての調査によると、親との近居が望ましいと思う人は31.8%。同居の20.6%よりも高い結果になっています。特に子どもが小学校に入学するまでの間は、8割近くが親世代による家事や育児の手助けを望ましいと考えています。共働き夫婦の場合、子どもが急に熱を出した時など、親が近くにいてくれれば助かりますよね。親世代にとっても、かわいい孫が近くにいるのはうれしいし、万が一、病気やけがをした時も頼れるという安心感があります。

親世代は、高齢になっても子どもたちには迷惑をかけたくないと思っています。親には親のライフスタイルがあり、自由な老後生活が送りたいとも。だから、たとえ親子であっても過干渉にならないように、適度に離れて暮らしたいと希望する親も多いのです。
親にとっても子にとってもメリットのある近居ですが、忙しい子どもを手助けしようとする親の行動がおせっかいに感じたり、毎日の孫の世話が負担になったりと、時には思わぬトラブルになることも。事前にルールを決め、お互いを思いやることも大切です。

政府が2015 年3 月に発表した「少子化社会対策大綱」には、三世代同居や近居を促進するための環境整備が盛り込まれています。それを受けて、近居の助成制度のある自治体も増えています。そういった制度も上手に活用したいものです。

近居を成功させるためのポイント

1. お互いのプライバシーを尊重しましょう

親世代は、忙しい子世代を助けようと留守中に家に入り家事をしてくれたりと何かと手助けしてくれます。 でも時にはそれがトラブルになることも…。親子といえども、事前にルールを決めておくことが大切です。

2. 感謝の気持ちを伝えましょう

子どもの世話や食事の用意をしてもらった時には、それを当たり前だと思わずに「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えたり、たまにはお礼のプレゼントをしましょう。

3. もう一方の親への配慮も忘れずに

夫婦どちらかの親の近くに住む場合は、もう一方の親への配慮が欠かせません。定期的に連絡をしたり、たまには孫たちの顔を見せにいくことも忘れずに。

離れていても 親のカラダの変化を観察しましょう。

親の暮らし ―――コラム1

ヒートショックの危険から親を守るために

室温の温度差が大きくなる「冬」に
ヒートショックの危険が増加しています。

ヒートショックとは、急激な温度差によって引き起こされる身体に起こる変化のこと。
特に室内の温度差が大きい「冬」はヒートショックの危険が増加します。室内の急激な温度差は心臓病や脳疾患を引き起こすことになりかねません。特に入浴時には注意が大切です。親世代の生活環境を一度見直してみてください。

img
1. 入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう 1. 入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう

冷えやすい脱衣室や浴室を暖かくすることで、ヒートショックは予防できます。
浴室用暖房器具などを使って安全に暖めましょう。

2. 湯温は 41 ℃以下、湯に漬かる時間は 10 分までを目安に 2. 湯温は 41 ℃以下、湯に漬かる時間は 10 分までを目安に

身体が冷えた状態で熱いお湯に浸かると血圧が低下します。急激な温度差は体に大きな負担がかかり、失神、心筋梗塞や不整脈、脳梗塞を起こすことにも。湯温は41℃を目安に浴槽に浸かる時間は10 分以内に。

3. 浴槽から急に立ち上がらないように促しましょう 3. 浴槽から急に立ち上がらないように促しましょう

入浴で血圧が下がっている状態で、急に立ち上がるとめまいや失神を引き起こし、それがきっかけで転倒したり、溺れることも。浴室ではゆっくり動作をするように促しましょう。

4. 食後や飲酒後の入浴は控えるようにしましょう 4. 食後や飲酒後の入浴は控えるようにしましょう

お酒を飲んだ直後は一時的に血圧が下がります。さらに入浴で血圧が下がり、最悪の場合は失神し、溺れてしまう危険も。また食後30 分以内の入浴は避けるようにしましょう。

5. ユニットバスで断熱性を高めましょう 5. ユニットバスで断熱性を高めましょう

浴室の断熱性を高める改修も効果的です。窓まわりは熱が逃げやすいので、内窓や複層ガラスのサッシを設置すると暖かさを保つことができます。浴室をユニットバスに改修することでも断熱性は向上します。

室内の温度差によって、私たちの身体は大きなダメージを受けています。こうした温度差によって脈拍や血圧が上昇し、心筋梗塞や脳卒中といった恐ろしい疾患を引き起こすことも。浴室や廊下に暖房器具を置いて、室内の温度差を減らすと同時に、気温の高い昼間に入浴するなどの工夫を呼びかけましょう。

東京消防庁によると、高齢者の入浴中の溺れる事故は11 月から3月に多く発生しています。その原因はヒートショックによるものが多いと言われています。また他の事故と異なり、約9割の人が生命の危険がある重症以上と診断されています。

入浴前に脱衣所や浴室を暖めたり、入浴方法を変えることでヒートショックを防ぐことができます。窓のサッシを二重にしたり、ユニットバスにするなど住まいの断熱性を高めることも効果的です。帰省した際などにぜひチェックしてみましょう。

オヤノコトネット

「オヤノコト.net」とは?
そろそろ親のこと、家族想いのライフスタイルを提案する、親孝行情報提供サイトです。
「オヤノコト」は、株式会社オヤノコトネットの登録商標です。

リフォーム リノベーションマンション
このページの先頭へ