PROUD MASTER

Home > スペシャリストが寄り添うプラウド > プラウドマスターの不動産講座 > 「補修保証」を活用して安心円滑なご売却を

「補修保証」を活用して安心円滑なご売却を

メインビジュアル

物件の売却を検討中の方は、売却にあたりさまざまなお悩みをお持ちではないでしょうか。中でも、引き渡し後のトラブルについて懸念されている方も多いはずです。そんな引き渡し後のトラブル発生を未然に防ぐためご活用していただきたいのが、野村の仲介+(PLUS)の「補修保証」サービスです。

本サービスは、2012年に開始して以来、約10,000件以上※の物件をプロの検査員が検査、そして約半数の物件で補修を実施しています。プロが検査・補修を実施した保証付き物件ということで、安心してお取引を行えるサービス「補修保証」を詳しくご紹介します。
※2017年6月末現在

補修保証サービスとは?

野村の仲介+(PLUS)の「補修保証」は、ご売却物件に3つの「安心」を提供するサービスです。どの物件にも起こりうる「不具合」をご契約前に検査・補修、その後の保証をし、売主様と買主様が安心してお取引していただけるようサポートいたします。

検査・補修、保証 検査・補修、保証

※補修の負担費用については上限があります。
※保証期間は築年数によって異なります。

補修保証サービスのメリット

  • MERIT1 引き渡し後のトラブルリスク軽減

    物件引渡後に不具合が発生した際、対応する煩わしさや、修繕費用の負担をめぐるトラブルリスクを軽減します。

  • MERIT2 業界内最長の保証期間 最長5年保証

    売主様への保証期間、買主様への保証期間を合わせて最長5年間保証が適用されます。
    ※保証期間は築年数によって異なります。

  • MERIT3 売却機会の増加

    中古住宅を不安に思っていた方(潜在的な購買層)にも訴求をし、売却機会の増加に繋げることができます。

    売却機会の増加 売却機会の増加

補修保証サービスのポイント 
~マンション設備保証編~

POINT1 専門家による100項目以上の設備検査

営業担当者の検査ではなく、専門の検査員が細部まで検査いたします。

検査箇所の一例

  • レンジフードの換気機能、ガスコンロの火力、水流や排水状況、温度調整機能など。

  • スイッチ・操作パネルの作動状況、浴槽の破損の有無、水流や排水状況など。

POINT2 売却活動前に設備の補修を実施

検査により発見された不具合に対しては、5万円を上限として補修を実施いたします。売主様も気づかれなかった不具合を売却活動前に補修することで、安心して売却活動を行うことができます。

Q. 補修費用は5万円で大丈夫?

A. 野村の仲介+(PLUS)のデータでは、平均補修費用は2.6万円で、94%の物件が補修費用5万円以内で補修することができています。ほとんどケースにおいて補修費用は、野村の仲介+(PLUS)の負担で賄えるとお考えください。

※一部、例外もあります。

補修保証サービスのポイント 
~戸建保証編~

POINT1 専門家による50項目以上の建物検査

  • 専門の検査員が建物の隅々まで検査をし、見つかった不具合に対して補修を行います。補修箇所もその後の保証範囲に含まれます。

    検査箇所の一例:屋根や外壁などからの雨水の侵入の有無、柱、小屋組、開口部、外壁、土台、基礎、床、給排水管路 など

POINT2 売却活動前に設備の補修を実施

物件引き渡し後、保証期間内に発生した「給排水管の故障」「雨漏り」「シロアリの害」「建物構造上、主要な部位の木部の腐食」「地震による損壊」について、最大500万円までの修繕費用を保証いたします。「地震による損壊」まで保証範囲に含むのは、業界内では野村の仲介+(PLUS)だけのサービスとなっています。

補修保証サービスのご相談
不動産売却のご相談 受付中

【補修保証】
※最長5年保証はマンション住宅設備保証・戸建建物保証において一定の基準を満たす物件に適用されます。
※保証期間は保証開始日における保証対象物件の築後経過年数により異なり、5年保証は築後5年以内のマンション・戸建に適用されます。上記条件以外の保証期間についてはお気軽にお問い合わせください。
※本コラム記載の内容は、2017年9月現在の情報です。