ゴルフコミュニケーション フェアウェイ LIFE with ゴルフダイジェスト

”100歳まで現役”を
実現しましょう

LIFE STYLE COLUMN

第4回

宮本卓・世界の美しいゴルフ旅

「最果ての地に佇む理想のゴルフコース」後編
To the beautiful golf course in the world By Taku Miyamoto

ロイヤルドーノック・ゴルフクラブ
Royal Dornoch Golf Club

世界の名コースを30年以上にわたり撮り続けてきたカリスマ・フォトグラファー、
宮本卓氏が提案する“満足度100%のゴルフ旅”。
ゴルフバッグとカメラを持って、あなたも出かけてみませんか。

photo

ハリエニシダの花が咲くのは5月頃。1カ月ほどの間、コースを黄色く染める

訪れるならコースが黄色に染まる
初夏がおすすめ

北の国スコットランドでも北部となるハイランド地方は、年間を通じて気温が低い。海風が吹きすさぶリンクスコースでは、大きな木は育たない。ロイヤルドーノックに生えているのは強靭な低木、ゴース(ハリエニシダ)ばかりだ

普段のハリエニシダは、トゲがあるため球を打ち込めば厄介なだけの存在だが、5月になるとその姿は一変する。
緑の芝と黄色のハリエニシダ。これこそ、日本では決して見ることのできない風景だ。

ウィスキー好きにはたまらない
ハイランドモルト醸造所巡りも楽しめる

もう一つ、ドーノックへの旅には欠かせない楽しみがある。
それはスコッチウィスキーだ。

photo

1843年創業のハイランドを代表するスコッチウィスキー「グレンモーレンジィ」の醸造所

ドーノックの町の周辺には、グレンモーレンジィ、ダルモアなど、日本でも有名なウィスキーの醸造所が数多く点在する。
街中のレストランやパブで、日本では手に入らない銘柄を探すのも面白いだろう。

この日本から見れば最果ての地のゴルフコースでは、17世紀初頭からゴルフがプレーされ、1907年には英国国王エドワード7世により名誉ある“ロイヤル”の称号が授けられている。

王様をも魅了したゴルフコースをハリエニシダの花でコースが黄色く染まる頃、泊りがけで訪ねてみてはいかがだろう。

photo

北海に昇る朝日。隣接したホテルに宿泊し少し早起きしてコースを歩けば、様々なシャッターチャンスに巡り合うことができる

【プレーガイド】
夏の1ラウンドプレーフィは1人25,000円弱(チャンピオンシップコース)。旅行代理店やコースのホームページからスタートの申し込みをすることができる。
300キロほど離れたスコットランドの首都、エディンバラの町からの日帰りも可能だが、コース近隣のホテルに泊まって、2つある18ホールをどちらも回るのがおすすめだ。

photo

ドーノックは人口1000人あまりの小さな町だが、ホテルやレストランの質は高い

宮本卓

宮本卓 みやもと・たく

1957年7月10日、和歌山県生まれ。
ゴルフカメラマンとして世界を舞台に活躍。
作品には、オーガスタナショナル公認カレンダー、作家・伊集院静氏との共著で「夢のゴルフコースへ」シリーズなどがある。全米ゴルフ記者協会会員、世界ゴルフ殿堂選考委員。