ゴルフコミュニケーション フェアウェイ LIFE with ゴルフダイジェスト

”100歳まで現役”を
実現しましょう

LIFE STYLE COLUMN

golf_mov_title_bg Driver Lesson - 鳥井雄一郎のドライバー講座 -

4大メジャーのひとつである全米プロ選手権など、米ツアー11勝のジェイソン・デイ。
世界ランク1位の実績を持つデイと同時期にオーストラリアのゴルフ学校に在籍し、コリン・スワットンコーチについて世界基準のスイング理論を学んだ鳥井雄一郎プロ。
その鳥井プロが教えてくれるのは、飛んで曲がらないドライバーショットの極意。
第1回は手首のコックを上手に使う方法です。

DRIVER LESSON - 1

飛んで曲がらない。
上手な手首の使い方

ドライバーで飛んで曲がらないショットを打つために、もっとも重要なのはコッキング、手首の使い方です。
手首をコックする(曲げる)方向や動かし方を間違えると、スウィングが安定せずヘッドスピードも上がらないので、ボールを遠くに飛ばすことができません。

今回は、手首のコックの方向と柔らかい使い方をマスターするための簡単なドリルをご紹介しましょう。

golf_mov_img_11まず、ドライバーを持ってアドレスの形をつくります。ヘッドが体の中央にくるように構えたら、剣道の面打ちのようにヘッドを真上に上げて、そこから下ろす。

golf_mov_img_12手首を親指側に曲げる動き(コック)と腕の動きを同調させて、ゆっくり、やさしくヘッドを動かしてください。

何回か繰り返して慣れてきたら、腕がしなるように、手首を柔らかく使うことを意識してみましょう。

このイメージを実際のショットの動きにつなげていけば、クラブヘッドがタテに上がって、タテに下りる、しなやかなスイングが自然にできるようになります。

実際のラウンドでも、スタート前の準備に、このドリルを取り入れるといいでしょう。
ヘッドをタテに上げて、タテに下ろす。この動作を5、6回繰り返したら、そのまま素振りをします。

この素振りのイメージのままボールを打てば、朝の1番ティからナイスショット間違いなし!
緊張して力むことが多いゴルファーには、特におすすめのドリルです。

鳥井雄一郎

鳥井雄一郎

鳥井雄一郎…1983年8月29日生・北海道出身。高校卒業後単身オーストラリアへゴルフ留学。豪州ではジェイソン・デイと共にコリン・スワットン氏にゴルフを学ぶ。8年の年月を経て帰国しゴルフコーチへ。自由が丘『G-HEART』でヘッドコーチを務める。