ゴルフコミュニケーション フェアウェイ LIFE with ゴルフダイジェスト

”100歳まで現役”を
実現しましょう

LIFE STYLE COLUMN

  • HOME
  • フェアウェイ LIFE
  • 鳥井雄一郎のドライバー講座「“力み”のないスイングでヘッドを走らせよう」

golf_mov_title_bg Driver Lesson - 鳥井雄一郎のドライバー講座 -

4大メジャーのひとつである全米プロ選手権など、米ツアー11勝のジェイソン・デイ。
世界ランク1位の実績を持つデイと同時期にオーストラリアのゴルフ学校に在籍し、コリン・スワットンコーチについて世界基準のスイング理論を学んだ鳥井雄一郎プロ。
その鳥井プロが教えてくれるのは、飛んで曲がらないドライバーショットの極意。
第3回は“力み”のないスムースなスイングをする方法です。

DRIVER LESSON - 3

“力み”のないスイングでヘッドを走らせよう

今回は、ヘッドのスムースな走りを妨害する、体の“力み”をとる方法をご紹介しましょう。
スイングで力むゴルファーは、アドレスで力を抜いても、クラブを上げたトップの状態で力が入り、それ以降、インパクトからフォローまで力みっぱなしというケースが多いようです。
余分な力が入れば手首が固まってしまい、ヘッドが走らなくなってしまいます。

そこで「どうしても力む」というゴルファーの皆さんにお勧めしたいのが、この“ヘッドの重みを感じてスイング”するドリルです。

photo 使うクラブは、ドライバーよりもヘッドが重いアイアンがいいでしょう。
アドレスの構えから真上にクラブを振り上げたら、地面を叩くようにクラブを振り下ろしてください。
このとき力を入れるのは地面を叩く、インパクトの瞬間だけです。

photo手首を柔らかく使ってヘッドの重みを感じながらクラブを振り上げ、ヘッドを落とすようにして地面を叩きます。
クラブを上げて、振り下ろし、また上げる。この動きを何回か繰り返してヘッドの重みを感じとることができたら、続けてスイングしてみてください。

“力み”がとれて、ヘッドが走る感覚がおわかりいただけると思います。

みなさま、是非お試しください。

鳥井雄一郎

鳥井雄一郎

鳥井雄一郎…1983年8月29日生・北海道出身。高校卒業後単身オーストラリアへゴルフ留学。豪州ではジェイソン・デイと共にコリン・スワットン氏にゴルフを学ぶ。8年の年月を経て帰国しゴルフコーチへ。自由が丘『G-HEART』でヘッドコーチを務める。