ゴルフコミュニケーション フェアウェイ LIFE with ゴルフダイジェスト

”100歳まで現役”を
実現しましょう

LIFE STYLE COLUMN

みなさんこんにちは。ゴルフピラティスインストラクターのChiakiです。
ダフリやヒッカケの原因のひとつに、肩回り・肩甲骨まわりの筋肉が硬くなっているため、腕を外側に回したり、後ろに引いたりする上腕の『外旋(がいせん)』という動きが制限されてしまい、結果としてワキが開きやすくなりクラブを振り下ろすようなスイングになってしまうというケースがあります。今回は、肩回り・肩甲骨まわりの筋肉を柔軟にしていく『Wターン』をレッスンしたいと思います。

LESSON - 7

ダフリやヒッカケを解消『Wターン』

  • photo

    1.まずは足を腰幅に開いた状態で、スイングのアドレス時の姿勢より、少しだけ腰を落とした姿勢をとります。

  • photo

    2.ヒジを90度に曲げた状態で、正面で手をくっつけます。

  • photo

    3.そのまま、横へ手を開いていきます。胸を張り、親指が後方へひっぱられる感覚をもってやってもらえると、肩甲骨が開いていくのが意識できるかと思います。

  • photo

    4.この動きを3回繰り返したあと、今度は左右片手ずつやって下さい。

  • photo

    片手の場合は、背骨と上半身を連動させることが目的なので、親指リードで肩をしっかり引いていく意識をもっておこなって下さい。

この動きを左右3セットおこなってください。

このレッスンは背骨と肩甲骨を連動させて動かしていくことで、肩回り・肩甲骨まわりの筋肉がやわらかくなっていきます。
また、猫背でお悩みの方にも効果がありますので、みなさん是非お試しくださいね。
それでは、また次回もお楽しみに! Chiaki

Chiaki

ゴルフピラティスインストラクター・パーソナルトレーナー・Massive Impact LLC. CEO
Chiaki

■資格
NASM-PES(全米NASM認定パフォーマンススペシャリスト)
NASM-CPT(全米NASM認定パーソナルトレーナー)

■経歴
Jリーグ清水エスパルス トレーナー
LDJ(ロングドライバーズオブジャパン)優勝選手パーソナルトレーナー
日本大学男子バスケットボール部アシスタントトレーナー
プロゴルファー・モデル・女優等多数 パーソナルトレーナー
各種メディアでのエクササイズ監修・出演など多数