ゴルフコミュニケーション フェアウェイ LIFE with ゴルフダイジェスト

”100歳まで現役”を
実現しましょう

LIFE STYLE COLUMN

みなさんこんにちは。ゴルフピラティスインストラクターのChiakiです。
肩甲骨は腕の前後左右の動きを行うのに必要な骨ですが、ゴルフで良いスウィングをするためには腕を回す(回旋)の動きが大切になってきます。クラブを持つ『手』は肩甲骨を介して体幹とつながっているので、肩の柔軟性と筋力がパワフルなスウィングへ大切な要素となってきます。
今回は肩甲骨の柔軟性を高め、パワフルなスウィングを手に入れられる『アークストレッチ』をレッスンしたいと思います。

LESSON - 11

使える肩甲骨を手に入れる『アークストレッチ』

  • photo

    1.まずは立った状態で右手を上げ、左手を下げ、手のひらを後ろへ向けるようネジります。

  • photo

    2.この姿勢から胸を張りながら両腕を後ろへ反らしていきます。次に左右の手をねじりながら手のひらが後ろを向くように両手を入れ替えます。この運動を左右5セットおこなって下さい。

このレッスンをやっていただくと肩・ワキ・胸の筋肉が動く感覚がしっかりと伝わってくると思います。左右を入れ替える際に腕の回旋を入れていることで、肩甲骨まわりのストレッチがしっかりとなされます。すごく簡単な動きですが、肩の柔軟性と筋力を手に入れるのにはとても効果的なピラティスなのです。肩こり・首こりをほぐすのにも有効ですのでみなさん是非お試しくださいね。 それでは、また次回もお楽しみに! Chiaki

Chiaki

ゴルフピラティスインストラクター・パーソナルトレーナー・Massive Impact LLC. CEO
Chiaki

■資格
NASM-PES(全米NASM認定パフォーマンススペシャリスト)
NASM-CPT(全米NASM認定パーソナルトレーナー)

■経歴
Jリーグ清水エスパルス トレーナー
LDJ(ロングドライバーズオブジャパン)優勝選手パーソナルトレーナー
日本大学男子バスケットボール部アシスタントトレーナー
プロゴルファー・モデル・女優等多数 パーソナルトレーナー
各種メディアでのエクササイズ監修・出演など多数