Do it your self 住まいのアイデアファイル

ふだんの暮らしが
もっと好きになるコツ教えます。

LIFE STYLE COLUMN

片付けで人生が変わる、は本当です。捨てることが苦手なあなたへ

整理収納アドバイザーの中山真由美です。私達インブルームの仕事は、お片付けが苦手な方のお手伝いをすることです。今まで延べ7000軒ほどのお宅に伺いましたが、多くのお客様が悩んでいらしたのは「モノを捨てられない」ということでした。「いつか使うかも」「値段が高かったから」「もらった人に悪い」…つまり「もったいない」と思うから捨てられないのです。

photo

もったいないと思うことがもったいない?

まだ使えるモノを処分するのは、とても「もったいない」ように思えます。でも使っていない、いつ使うかわからないモノが家中にいっぱいで、本当に使いたいモノが探せなくなっていませんか?

実は本当に使いたいモノを使いこなしていない方が、よほど「もったいない」のです。値段が高くても、使っていないのなら今は必要ないモノ。存在を忘れられたモノを置くスペースほど「もったいない」ことはありません。もらったモノも同じで、捨てない=大事にしている、のではありません。思い出のモノも、ただ捨てずに持っているだけでは、大切にしているとは言えないのです。

photo

捨てたからこそ見えてくるものがある

捨てる作業は楽しいことではなく、後ろめたさと戦う大変な作業です。ですが、大変だからこそ、その作業を終えた先にはよいことがたくさん待っています。
要らないものが無くなり、家の中がスッキリしていき、探し物が減ると家事の時間が短縮されます。掃除をするのも楽になり、ストレスが軽減されます。すると時間に余裕が生まれ、忙しさで忘れていたことが色々見えてきます。時間が出来たらやりたいと思っていたこと、どなたでもいくつかはあるのではないでしょうか。

捨てるための簡単3ステップ

ここで実際に私達が行っているお片付けの流れを、クローゼットを例にご紹介します。

1. クローゼットの中のモノを「全部」出します。出しながらシャツ、デニム、下着などとアイテムごとにまとめます。

photo

2. いるorいらないではなく、今使っているかorいないかで判断を。判断がつかないモノは無理に分けず「迷う」に。「思い出」のモノも別にしておきます。

photo

3. 「使うモノ」は定位置、定量を決め、使う人や使用頻度別に分けて収納します。

photo

使わないモノの捨て方&保管の仕方

どうしても捨てられない場合は、寄付をすると気持ちよく手放せることもあります。「迷うモノ」はクローゼットの枕棚など、使用頻度の低い場所に一時保管し、定期的に見直しましょう。「思い出のモノ」は専用BOXを作り、中に入るだけと決めて保管します。

photo

片付けするということは、実はモノを通して今の自分と向き合い、人生を見つめなおす作業です。片づける=ただ捨てるではなく、片づける=本当に使いたいモノを見つけやすくすること。だから、片付けをすると人生が変わるのです。楽しみながら、お片付けを始めてみませんか。

※コラムの内容や掲載商品は執筆時の情報であり、予告なく変更される場合がございます。最新情報をご確認下さい。

【インブルーム株式会社  中山真由美】
野村不動産における各種イベントにて「整理収納セミナー」開催実績多数。TV、雑誌等メディア出演多数。野村不動産グループカスタマークラブにてお片付けサービス(プレシャスデイズ)を実施しております。