Do it your self 住まいのアイデアファイル

ふだんの暮らしが
もっと好きになるコツ教えます。

Home > コラム > 住まいのアイデアファイル > 出会った瞬間ひとめ惚れ!海外の小粋なテーブル雑貨

出会った瞬間ひとめ惚れ!海外の小粋なテーブル雑貨

一級建築士事務所 OfficeYuu代表 Yuu

photo

夢見るサーカスコレクション(サーカスジャー / アレッシー

世界中の高品質なインテリアアイテムを集めた展示会で発見!出会った瞬間にひとめ惚れ、心をわしづかみにする海外の小粋なテーブル雑貨をご紹介します。心躍るデザイン、使い勝手も抜群で、そこに秘められた感動的なストーリーを知ることで更に愛しさを感じます。

今回ご紹介するのは世界中で認められたロングセラーや大ヒット商品ばかり。良いものはやっぱり良いですね。そこにあるだけで幸せな気持ちになれる、毎日の暮らしを更に豊かにしてくれる雑貨たちです。

そこにあるだけでオブジェになる!
イタリア製のワインオープナー

photo

まさにひとめ惚れデザイン、オウムのソムリエナイフです。見た目だけでなく機能性に優れ、男性に人気があるシリーズです(Parrotソムリエナイフ ブルー / アレッシー

photo

メンディーニ氏のシンボルのひとつ、マルチカラーの点描デザインのParrotソムリエナイフ。グローニンゲン・ミュージアムのエントランスにも同じドットがデザインされています(Parrotソムリエナイフ プルースト / アレッシー

会場で一番初めに目についたのは、こちらのParrotソムリエナイフです。オウムのデザインってどうしてこんなにユーモラスで楽しくて、心を惹きつける魅力があるのでしょう。この愛らしいソムリエナイフのデザインは、イタリアの建築家・デザイナーであるアレッサンドロ・メンディーニによるものです。

デザイン違いのカラフルな点描のガウンをまとったオウムもいます。この点描デザインはメンディーニの象徴であり、彼が設計したオランダの「グローニンゲン・ミュージアム」の玄関部分にも使われています。

見た目だけでなく、本格的な構造なので使い勝手も上々です。使い終わった後は、こんな風にコルクに刺したままオブジェとして眺めながらワインを飲むのも良し、口の部分をグラスやワインに引っ掛けておくも良し。このソムリエナイフを使うためにワインが飲みたくなりそうです。

photo

メンディーニ本人とその恋人をデザインしたワインオープナー。オブジェとしてペアで飾って楽しみたい楽しいデザインです(左:AlessandroMワインオープナー、右:AnnaGワインオープナー / アレッシー

メンディーニと言えばこちらのワインオープナーも見逃せません。世界中で大ヒットしたキャラクターデザインのワインオープナーで、男性はメンディーニ本人を、女性は恋人アンナをモチーフにしていると言われています。

アンナの頬笑みは、永年に渡って熱狂的ファンを生み、ワインオープナーだけではなく、様々なアクセサリーにもなっています。アンナの方がちょっとだけ背が高いのがなんだか微笑ましいですね。2つ並べるとほんわかとした愛情が伝わってきます。

2019年、メンディーニ氏は天国へと旅立ちましたが、彼の作品はイタリアデザインの象徴的な存在として、これからも長く愛され続けることでしょう。

世界中で大ロングセラーなのには理由がある、
シトラススクイーザー

photo

ミステリアスなデザイン、美しいフォルムが世界中を魅了したレモン絞り器です(ジューシーサリフ シトラススクイーザー / アレッシー

こちらは世界中であまりにも有名なレモン絞り器、ジューシーサリフです。まるで宇宙船のようなミステリアスなデザインは、フランスのパリ生まれのデザイナー、フィリップ・スタルクによるものです。

このデザインは、スタルクが休暇中にイタリアの海辺で、店のナプキンに描いたスケッチから生まれたというから驚きです。

photo

レモンを半分にカットして頭の上にかぶせて押せば、レモン果汁が伝わり下のコップに受けます。ムダ無く絞れる嬉しいアイテムです(ジューシーサリフ シトラススクイーザー / アレッシー

頭の上にレモンをかぶせて押し付ければ、下に置いたカップに果汁が伝わり落ちるという単純な仕組みながら、計算されしつくされたデザインで、ムダ無く絞れるのがスゴイところ。世界中でヒットする品にはやはり理由があるのですね。

レモンを絞っている姿は、まるで帽子をかぶっているようで可愛らしく、そのまま飾っておきたいくらい。今人気のレモンのお酒やドリンクも、こんな素敵なスクイーザーで生レモンを絞れば、更に美味しく頂けそうです。

夢のような世界がテーブルに広がる、
アートになるサーカスジャー

photo

メリーゴーランドをイメージしたデザインの密閉型のジャー。中に何を入れようか、考えるだけでわくわくしてきそうです(サーカスジャー / アレッシー

photo

どこか懐かしいのに新しさを感じるサーカスコレクション。磁器製のボウルは程よい大きさで、サラダやちょっとしたお料理を盛りつけるのにぴったりです(サーカスコレクション / アレッシー

こちらは子供の頃に見たサーカスの風景を、そのままテーブルの上によみがえらせてくれるマルセル・ワンダースデザインのサーカスジャーです。テントの横に併設されているメリーゴーランドをイメージしたデザインで、ブリキのふたとスクリーン印刷されたガラス瓶が、どこか懐かしく甘酸っぱい気持ちにさせてくれます。

密閉式なので、乾物を入れたりキャンディやクッキーを入れたり様々に使えます。より美しく見えるよう、入れる物を考えるだけでも楽しそう。サーカスシリーズはジャーだけでなく、赤い水玉のボウルやカップ、お皿、トレイ、ピエロのワインオープナーなどもあり、シリーズでそろえれば、食卓に夢のような世界が広がります。

手に優しく馴染んで切れ味抜群、
肉の本場ブラジルのステーキナイフ

レストランでステーキを食べる時はすっと切れるのに、家ではなかなか切れない、そんなストレスを感じたことはありませんか?実はその差はナイフにあります。こちらはブラジルを代表する企業、トラモンティーナ社のステーキナイフ、さすが肉の本場からやってきただけあって、レストランのように気持ちよくステーキが食べられます。

photo

レストランでも使われているトラモンティーナカトラリーの傑作、ポリウッドシリーズ。持ち手が木なのに食器洗い機が使える優れものです(ポリウッドステーキナイフEUスタイル / トラモンティーナ

photo

お手頃価格のポリウッドステーキナイフを実際に使ってみました。赤身の肉もストレス無くすっと切れて大満足(ポリウッドステーキナイフ21㎝ / トラモンティーナ

トラモンティーナ社は1911年にイタリア移民のバレンティーノ・トラモンティーナが起こした小さな鍛冶屋さんからスタートしました。現在は世界中から愛されるキッチンツールやカトラリーのブランドです。

このナイフが素晴らしいのは切れ味だけでなく、持ち手が木製なので手に握った時に優しさを感じることです。ステーキナイフと言うと、オールステンレスの冷たく硬いイメージがありますが、木製の柄には柔らかい温もりがあり、手にすっと馴染んでくれます。木製のお箸を使い慣れた日本人にこそ、向いているステーキナイフだと思います。

photo

トラモンティーナの最高峰のシリーズ。モリブデン鋼を添加したステンレスを叩いて鍛えた本格派。伊勢丹新宿本店 本館5階にトラモンティーナ常設店があります(ポリウッドフォージドステーキナイフ / トラモンティーナ

こちらの写真は、ステーキナイフの最高峰と呼ばれるフォージド、つまり鍛造のステーキナイフ。ホテルのレストランや高級ステーキハウスなどで使われています。ブラジルは世界一のステーキナイフの生産量を誇る国。本場ブラジルのナイフで我が家のステーキも更に美味しく頂けそうです。

温かく冷たく美味しく、
28億年前に生成されたフィンランドのソープストーン

温かいものは最後まで温かく、冷たい物は冷たく食べるのが美味しさの秘訣ですが、普通のお皿ではどうしても途中で冷めたりぬるくなったりしまいがちです。そんな時に活躍してくれるのが、熱や冷たさを長時間キープしてくれるソープストーンの食器類です。

photo

冷やしたソープストーンのプレートに乗せればいつまでも冷たいまま。天然石の風合いを生かしたデザインは、テーブルコーディネートにも映えます(ソープストーンプレート / HUKKA DESIGN

ソープストーンとは、火山活動によって生まれた変成岩の一種です。こちらのプレートに使われているソープストーンは、28億年前に北欧フィンランドのカレリアン地方で生まれたもので、極めて高密度で、冷たさや熱を長時間蓄える性能を持っています。

もともとフィンランドではカレリアン・ソープストーンを暖炉に使用してきました。一度火を付ければ、その後火を消してもずっと温かいまま、その保温性の高さで一日中暖かく過ごしていたと言います。

photo

カレリアン・ソープストーンはガス・電気オーブン対応ですから、中にポテトや野菜などを入れて、オーブンに入れれば温かいお料理のできあがり。高密度なので臭いや味、液体がしみ込むことが無く、清潔に使い続けることができます(ソープストーンホットポッド / HUKKA DESIGN

photo

白ワインはいつまでも冷たく飲みごろをキープ、日本酒の熱燗ならずっと温かくといった使い方もできますね。ビアグラスもあります(ソープストーンワインクーラー / HUKKA DESIGN

その保温性、保冷性の高さから、プレートだけでなく、ワインやお酒の温度をキープするのにもぴったり。ホットポッドタイプなら、材料を入れてオーブンへイン。出来上がったらそのままテーブルに出せば、美味しい上にテーブル映え間違いなし!

ソープストーンは冷蔵庫で冷やしたり、お湯やオーブンで温めたりして使います。北欧の極寒の地で生まれたユニークな石のお皿で、悠久の時を感じてみてください。

世界中の人々が愛し、使われ続けているテーブル雑貨たちはさすがのひとこと、どれも素晴らしい物ばかりです。高品質なアイテムを普段の暮らしにさりげなく取り入れて、毎日を更に楽しく、幸せな気持ちでお過ごしくださいね。

※コラムの内容や掲載商品は執筆時の情報であり、予告なく変更される場合がございます。最新情報をご確認下さい。

Yuu

一級建築士事務所 OfficeYuu代表 Yuu

一級建築士、 インテリアコーディネーターとして数多くの現場経験や相談実績をもち、住宅リフォームコンサルタントとして快適な住まいづくりのノウハウを発信している。