OKATAZUKE MOVIE LESSON

vol.1 見栄えよく、出し入れしやすい衣類のたたみ方をマスターしましょう

Tシャツはコンパクトな四角形に、パンツは持った時にばらけないようにたたむことで、びっくりするほど出し入れしやすくなるんです。

読み込み中です...
横は収納ケースの幅の1/2、縦はケースの高さと合わせてたたむと、すっきり収まります

収納した衣類を美しく見せるためには、たたみ終わりの衣類の幅も重要なんです。2列に入れる場合は、収納ケースの約1/2の長さを確認し、衣類の横幅がそれと同じに、縦幅はケースの高さと同じになるよう計算してたたみます。こうすることで、左右対称にぴったり収まるので、ズレにくく、見た目も美しく、また出し入れもしやすくなります。しまう時って、ついたたんだ形のことだけを考えがちですが、これからは収納ケースのサイズも考えてたたんでみてくださいね。

イメージ写真「収納ケースに立てて収納する」

靴下の収納にもコツがあります。つま先を入れたゴム側を上にしてしまっていませんか?実はかかと側の、「わ」の部分を上にしてしまうほうが、きれいで出し入れしやすくなります。こうすると、見た目がきれいなだけでなく、取り出すときも持ちやすいし、前後の靴下とごちゃごちゃになることもありません。向きや幅など、収納のコツは意外なところに隠れています。

イメージ写真「靴下の収納」
~Vol.2~「クローゼット収納におすすめのグッズ」
ページを見る
次回イメージ写真
〈野村不動産グループカスタマークラブ会員様ご優待〉

プレシャスデイズ

お片付けができたら、検討したいお部屋のアレコレ。
リフォームもインテリアも、会員様特別価格でご提供致します。
  • リフォームの優待を見る
  • インテリアの優待を見る